NVC

感謝を表現する

人は本来、誰かの役に立ちたいと願っています。

もっと感謝したい、感謝されたい。

自分のしたことが、相手の幸せに貢献できたことを
味わえた時、えも言われぬ喜びを感じます。

自己評価が高まり、また、もっと、貢献したいと
思う気持ちが自然にあふれてきます。

自分の身近な人に、相手のとった行動や言動が、
どんな風に、あなたのニーズを満たしたのか、
それを受け取ってどんな気持ちだったかを伝えることは、
愛し、愛される関係を築くことの助けになります。

この練習をする目的は、単に人に感謝をするためだけではありません。
自分自身や自分の人生にも感謝の気持ちがあふれてきます。

感謝するエクササイズ

普段、面と向かって感謝を伝えられない人を思い浮かべます。
その人が自分の人生にどれだけ役に立ってくれているかを
具体的な場面と共にできるだけたくさん思い出します。

ささいなことでも、大きなことでもかまいません。
(たった一言の言葉でもいいのです)

出きるだけ具体的にその人のどんな言葉や言動が、
あなたの役にたったのかを見つけてください。

この人が、自分の人生を豊かにしてくれることを
選んでくれたことに意識を向け、
そこに起こってくる感覚につながります。

その感覚を体のどのあたりで一番強く感じますか?
その感覚、感情にはどんなものでしょう。
(例えば、胸のあたりがあたたかい とか、お腹が緩むなど。)

【感謝を伝える】

浮かんできた感謝を伝えたくなったら、
NVCのステップで感謝を表現してみましょう。

NVCの4つの要素をつかって感謝を伝える

①【観察】その人がとった具体的な行動・言動を見つける

②【感情】それを受け取った時の気持ち

③【ニーズ】大切にされたニーズ

④オプション【つながりリクエスト】それを聴いて、相手はどう受け取ったか聞いてみる

例①:
あの時、「手伝いましょうか?」って言って
くださってありがとうございます。
チーム仲間同士、助け合うことが必要だと、
思っていたので、すごくうれしかったです。

例②:
今朝、私を起こさないように、
そっとしておいて
くれてすごく感謝してる。

昨日、遅かったし、疲れていたので、
ゆっくり休めて、今はすごくすっきりしてる。
ありがとね。