IFS 内的家族システム

IFS 内的家族システム:トラウマって?

burningman2people

「トラウマによる解離からの回復」を読んで、色々深く納得することがたくさんありました。

トラウマによる解離からの回復

たとえば、自分の中にいる「愛着パーツ」について。
誰かに対して、愛情を求める子どものようなパーツ(副人格)って、誰の中にもある。

愛着パーツ

そしてこの愛着パーツが、身近な人に共感されたがっているとき、
その相手がそれに応じてくれないと、次にそれに対応して出てくるのが「たたかうパーツ」

戦うパーツ

しかもこの「たたかうパーツ」は人によっても、相手によっても
いろんなかたちででてくる。

現代風の「たたかう」は、怒りをあらわにするとは限らない。

理路整然と自分の正しさをもって相手の問題を指摘したり、
ムキになって相手を説得しようとする。

内的批判者

そんな「たたかうパーツ」をなんとかしようと、
また別のパーツがでてくるのだが、
そうなると自分の内側は、圧力釜状態。

やり場のない感情がぐるぐるし苦しくなる。

こんな経験、自分も何度もしている。

カップルの調停や、カウンセリングをやっていても、
ほとんどの対立の根底には、この構造がある。

「愛着パーツ」の助けを求める叫びがあって、
それを守ろうとする「たたかうパーツ」が、
より対立を悪化させてしまう。

内的家族システム(IFS)は
もともとはトラウマを扱う療法だけど、
こういった内的な葛藤でせめぎ合うパーツたちの声を
1つ1つケアしていくとってもやさしいアプローチ。

それぞれのパーツが理解とあたたかみで歓迎し、
全体がより調和されて行くとき
今までにはなかったような安定感や、
自分で自分の人生をリードしている感覚がもどってくる。

単なる「癒やし」ではない
「自分」というシステムがどうなっているのか。

それはまるで、今まで森の中で、
1つ1つの木をみていたところから
森の上にでて森全体の仕組みを知るようなもの。

パズルのピース探しじゃない

この視点で自分を知る、抱擁する
究極のセルフコンパッションだなって思います

これ、ほんとみんなに知ってほしいな〜

#内的家族システム
#IFS
#インナーパーツ
#インナーアクティブカード
#トラウマによる解離からの回復