NVC

関係性のスピリチュアリティとしてのNVC

mirror

【関係性のスピリチュアリティとしてのNVCの実践】

パートナーに共感するのが最も難しい時。。。

それはきっと自分の癒されていない傷に
触れているのだと思う。

深いところにある満たされていない欲求。

子供の頃に満たされなかったことで
悲しい思いを置きざりにしてきたものが
パートナーとの関係で刺激された時、

自分でもびっくりするような強い反応が出る。

他の人には腹の立たないことでも、
パートナーにされると、なぜか爆発しそうになる。

そんな時には、もちろん自己共感が必要だし
できれば、その置きざりにされた自分の中の
小さな人に共感してあげられたらいいのだけど。。。

関係性のスピリチュアリティという視点から、
もうちょっと、見てみると、ひょっとしたら
相手が鏡となって、見せてくれている
自分がそこにいるのかもしれない。

自分では気がつけないような自分の声が
相手を通して映し出されているとしたら、
それはどんな声だろう。。。

そんな視点から相手の心の声を振り返ってみる。。。

ここに表現されている「怒り」は
ひょっとしたら、私自身が抑圧しているものではないかしら?

そこにはどんなニーズがあるの?
そこには自分自身が気がついていないニーズがあるのかも。。。

そんな風にパートナーの声を
スピリチュアルな実践として、
ちょっと角度を変えて聴いてみる。。。

mirror

それは、例えば、こんな感じ。。

彼は何であんなこと言ってたんだろう。

怒っているような声と表情。
イライラしてる? それとも圧倒されている?

自分の努力を見て欲しいみたいだな。。。

言葉の中に私自身が映し出されているとしたら
どんな気持ちかしら?

 

こんな風に、
相手の言葉がまるで自分の内なる声だと
思って聴いてみる。

自分の一部がまるで自分自身に言っているかのように感じてみる。

そうすると、

ああ、そうだ。
これは私、自身の声。。。

自分自身が、自分の努力を認めていないんだ。
それで悲しんでるんだ。

こんな自分の声が相手の中に
映し出されたものとして見えてくるかもしれない。

そこから受け取った感情とニーズを
じっくり味わいながら自己共感してみる。

すると不思議と、さっきまで全く
共感する気が起きなかった相手が
まったく違う風に見えたりする。

試してみてね。

 

人間関係の中で起こる服従の渦から脱却するNVC
オンライン講座始まります。
http://www.reservestock.jp/events/153558